最高の物件と最悪の物件を見極める方法!!

取り扱っている不動産屋の数は少ない方が良い

物件の良し悪しは、取り扱っている不動産屋の数が少ない方が優良ということはあまり知られていません。なぜなら、大家から入居者募集依頼を受けた不動産屋は、自社のみで入居者募集をかけて入居者が決まる優良物件であればわざわざ他の不動産屋でも客付け出来るように不動産屋ネットワークに登録する必要はないのです。
インターネット上に長期間掲載が続いている物件や取り扱い不動産屋の数が非常に多い物件は、大家からの広告料が高騰しているために積極的な募集を行っている可能性が高いのです。入居者が決まらない最悪の物件だからこそ広告料が積み増しされていると考えられます。不動産屋で紹介を受ける際に、インターネット公開されていない物件と指定するだけで良いのです。

他の部屋の入居者と光熱費について教えて貰えるか

元付の不動産屋に最初から辿り着けない場合、他の部屋の入居者について居住年数や家族構成を教えて貰えるかは物件を見分ける重要なポイントになります。頻繁に入居者が入れ替わる物件については、何らかの事情が隠されている可能性が高いのです。居心地が良ければ転居には多額の費用がかかるので、わざわざ転居を選ぶ理由が無くなります。結果として優良物件ほど居住年数は長期化して部屋が空かなくなります。
部屋の内覧に行っても分からないことについて、どこまで答えて貰えるかは重要です。オール電化や都市ガス物件には優良物件が多いのに対して、プロパンガス導入物件については最悪の物件が多く含まれています。地域的に都市ガス導入可能な物件であれば、オーナーは都市ガスまたはオール電化を導入します。敢えてプロパンガスを導入しているのは、入居者の負担を考えない大家の可能性が高く注意が必要です。

二海郡八雲町の賃貸マンションは、防犯カメラをはじめとして様々な防犯セキュリティが取り付けられている賃貸マンションです。