物件探しの注意点とは??

不動産会社の勧める物件には乗らない

物件探しを行う上で最も重要なこととして、悪質な不動産会社に引っ掛からないことが重要です。不動産会社同士は独自のネットワークで結ばれており、ネットワーク上に公開されている物件であれば他社が扱う物件であっても紹介を受けて契約をすることが出来ます。
不動産会社が最初に勧める物件には良い物件が無いことはあまり知られていません。多くの不動産会社で最初に勧める物件は、大家から広告料名目で仲介手数料が賃料の2ヶ月分など高額に出る物件を勧めることになっているからです。希望する家賃よりも少し上の金額の家賃を勧めて来る不動産会社は仲介手数料アップを狙っているので避けたほうが無難です。利益のみを追求する不動産会社を避けるだけで優良物件に近づけるのです。

自社取り扱い物件のみ紹介を受ける

複数の不動産会社を回るフットワークの軽さがあるならば、自社取扱い物件のみを紹介するように依頼すると良いです。不動産ネットワーク上に掲載されている他社物件ではなく、大家から依頼を受けている元付物件を紹介してもらうようにすれば、他社を回った時にカブりが発生しにくくなるのです。
大家が複数の不動産会社に直接依頼している場合はカブることもありますが、その場合には大家と話せるか確認すると良いです。オーナーとの関係を大切にする不動産会社は、入居希望者をすぐに大家に紹介出来る良好な関係を築いているので、大家・不動産会社・入居希望者の全て面識を持つことが出来て安心して生活出来るようになるのです。トラブルが多い物件ほど大家の顔を知らない入居者ばかりで管理状況が甘い野放し状態のため避けたいものです。